「覚えておきたい!ビジネスシーンでの「定番フレーズ」」

キャリア

言葉使いというのは、その人の印象を大きく左右しますよね!特に、お仕事の場面では間違った敬語は評価を大きく下げる材料になってしまいます。きちんとした言葉使いを覚えるだけで印象アップにつながります☆敬語は難しいから苦手…という方も多いと思います。
ですが、思い返してみるとよく耳にするフレーズがあったりしませんか?そこで今回は、覚えておきたい!ビジネスシーンでの定番フレーズについてご紹介します☆正しい言葉使いをマスターして印象アップを目指しましょう!

1、 必ず耳にする定番フレーズ☆

(1)お世話になっております。

ビジネスシーンでは必ずと言っていいほど、使用するのが「お世話になっております。」というフレーズです☆取引先の人など社外の方への挨拶として、対面のときだけでなくメールや電話でも頻繁に使用されるフレーズです☆

(2)よろしくお願いいたします。

お世話になっております同様、よく使うのが「よろしくお願いいたします。」です。メールや電話の締めの挨拶として用いるようにしましょう☆
よろしくの前に「どうぞ」と一言添えるだけで、丁寧な印象になります◎

(3)恐れ入ります。

「恐れ入ります」は、相手に何かお願いをする場合のクッション言葉としてや、何かしてもらった場合に使うのがベターです。

(4)申し訳ございません。

謝罪をする際に使用します!お仕事の場面では「ごめんなさい」や「すみません」は相応
しくありませんので、使用しないように気をつけましょう。恐れ入りますと同様の意味で
使用する場合もあり!

(5)よろしいでしょうか。

物事を確認するときには、「いいですか」ではなく「よろしいでしょうか」と言うように
しましょう☆また相手に何か提案をする場合は、「どうですか」ではなく「いかがでしょ
うか」を用いるのがベターです☆

2、 プライベートとは使い分けが必要☆

プライベートの時の言い回しをお仕事の場面でも使用してしまうと、恥をかいてしまうなんてことも起きかねません。例えば、プライベートでは”うちの会社”と言っていても、仕事の場面では”弊社や当社“と言わなければならなかったりしますよね。
「どうして同じことを言っているのに…」と思うかもしれませんが、大人には場に相応しい言葉使いというものがあります。
子供っぽい喋り方をしてしまっている人に責任のある仕事を任せたい!と思う人はなかなか居ませんよね?そんなことで?と思うかもしれませんが、アナタが思っている以上に言葉使いはチェックされています。
なので、しっかりとした言葉使いをして素敵な社会人になりましょう!

3、 社内での声掛けの際に使う定番フレーズ☆

社内で先輩や上司に質問をする場面やお願い事をするときに、突然質問をするのではなく、一言先輩や上司のタイミングを察するような言葉をプラスすると印象アップに繋がります!頻繁にある場面だからこそ、しっかりマスターしておきましょう☆

(1) 挨拶をするとき

上司や先輩に挨拶をするときに、「ご苦労様です」というのはNG!ご苦労様は目上の人が使用する言葉なので、失礼にあたってしまいます。
なので、お仕事の場面では「お疲れ様でした。」と言うように気をつけましょう!

(2) 質問をしたいとき

質問をする場面もよくありますよね?そんな時に快く質問をさせてもらう為に、質問に入る前に「いまお時間宜しいでしょうか?」や「~の件でご相談なのですが、いま宜しいでしょうか?」、「1,2分お時間よろしいでしょうか?」と一言声をかけることが大切です☆本題はその後に入るようにしましょう!
些細なことではありますが、相手のことを気遣う気持ちが伝わります◎
また質問をするときには、質問事項を予めまとめておきしっかりとメモを取ることも大切です☆

(3) 頼み事をするとき

仕事をしていると上司や先輩にお願い事をするときもありますよね。お願い事をするとき、「お手すきの際にでもお願いできますでしょうか。」と添えるようにしましょう!また、頼みごとをするときには期日や概要を説明することもスムーズに進行するために必要です☆
お仕事の場面で必要な定番フレーズについてご紹介しましたが、いかがでしたか?難しいと思われがちですが、定番のフレーズを覚えておくことと、相手を気遣う気持ちを持つだけでスマートに敬語を使いこなすことができます!ぜひ素敵な言葉使いをマスターするための参考にしてくださいね☆

ピックアップ記事

関連記事一覧